校長挨拶 – 福井県立鯖江高等学校  

学校案内

学校案内

校長挨拶

ご挨拶

 本日は福井県立鯖江高等学校のホームページをご覧いただき、ありがとうございます。

 本校は眼鏡の産地として有名な鯖江市の市街地に位置し、緑豊かな小高い王山の上に立っています。生徒たちの朗らかな挨拶の声がいつも聞こえる、明るくのびやかな校風で、個性を輝かせ、夢と希望を実現させるための礎を築くことができるよう、文武両道のもと、知・徳・体のバランスのとれた豊かでたくましい人間性の育成を目指しています。

 本校は大正4年(1915年)に開校した今立郡立今立農学校を始まりとしており、昭和23年(1948年)に学制改革に伴い、福井県立鯖江高等学校として新たに設置されました。平成26年(2014年)には創立100周年を迎え、県下でも屈指の歴史と伝統を誇る高等学校で、現在、全日制18クラス、定時制4クラスの生徒が、勉学、部活動、生徒会活動など様々な活動に励んでいます。

 令和2年度に始まりました丹南地区高等学校再編により、全日制に新たに「探究科」を設置しました。課題解決型の探究的な学びに重きを置き、難関国公立大学や地方中堅国公立大学への進学を目指しています。「普通科」につきましては、従来の普通科を引き継ぐ「スタンダードコース」、あわせて丹南高校での指導実績を引き継ぐ「スポーツ・健康福祉コース」と「IT・デザインコース」の3コースを設置しました。いずれのコースも普通科のカリキュラムの中で専門的な授業を行います。高校3年間と進学後の大学等での学びを通して、様々な分野での専門的な研究を進め、知識・技能を習得した後に、再び地元鯖江市、福井県で活躍する生徒の育成を目指しています。このように、個に応じた多様な教育を推進することによって、様々な目標、考え方、特技を持つ生徒が、互いの個性を尊重し、切磋琢磨して学び合う、総合的な高等学校として生まれ変わっています。

 また、本校は令和元年度より文部科学省の「地域との協働による高等学校教育改革推進事業(地域魅力化型)」の研究指定校として、地元鯖江市と協働し、主体的な学習による地域創生を目指した新しい探究の学びを進めています。さらに、県内の仁愛大学と「高大連携・高大接続に関する協定」を締結し、さらなる探究活動の推進と教員の授業力向上に取り組んでいます。

 私たち教職員は一丸となって、生徒、保護者および同窓会とともに、地域の皆様のご期待に応えることができますよう、より良い学校づくりに全力で取り組んでいます。このホームページをご覧いただきました皆様には、本校の教育活動についてご理解いただきますとともに、今後ともご支援、ご協力をお願いいたします。

鯖江高等学校 校長  浅井 裕規

               
Copyright (C) Sabae High School All Rights Reserved.